×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SOHO事業者と金融ローン

個人融資 免許証で申し込み対応や個人向け融資 SOHO事業者など、インターネット24時間、深夜や土日でも申し込みができる個人融資にも、たくさんの種類があり、金利や限度額も上限も様々です。

消費者ローンの借り入れをする際は、予め借りる金額や期間を考え、返済計画をキチンと持った上で申し込みをすることが大切です。

急いで借りたいカードローンなど、 個人融資を選ぶ際には実質年率だけではなく、SOHO事業者と無担保ローンというような用途に合ったキャッシングはどれか、という視点を持って、有効に使えるキャッシングライフを考えていきましょう。

低利子のローンカードを選ぶ注意点

個人向け融資で借入をする際に確認をしたいのは実質年率です。
通常金融ローンの利息はキャッシング会社との借入上限金額にもよりますが、おおよそ8%〜18%程でしょう。
借入する立場から考えれば金利が低い消費者ローンを選ぶことが大切です。
信用ローンは何度でも現金貸付をうけることがことができますが、債務を完遂するまでの期間によって借入金にかかってくる利息の影響は変わってきます。
例えば、金利が10%の場合でも、数日間しか借りないとすれば数十円程度の金利で済みます。
これはキャッシングローンで借金をする際にどういったことを考えて借り方、返し方をしていくかということで、借金に対するメリットとデメリットが大きく変化してきます。
実質年率の低いカードローンを探すことは大事なポイントですが、返済計画などによって金融会社をどういう風に利用していくのか考えることが必須です。
無保証人・担保なしの個人融資の契約申し込み時の手数料や借入のしやすさ、また金融機関の知名度などからご自身にあった融資を探してみてください。
きちんと返済計画を練って上手に活用していくことで、いざという時の頼もしい存在になるはずです。

固定電話回線と消費者ローン審査の基準

カードローン会社が申込者に確認をとる際は、郵送での連絡や電話連絡が普通です。
携帯電話が普及するまでは金融会社やサラ金の立場として居場所を特定する意味でも固定電話の有無が契約の必要条件となっていました。
それは、固定されている電話回線は電話加入権が必要であったり、また電話を設置するための住所地が必要であったりと一定の条件を満たす方のみが権利を持てたからです。
そういった背景が過去にはありましたが、近年では固定電話の変わりにIP電話で代用する方もどんどん増えていて、数年前まで契約の際に必要だといわれていた固定電話回線の有無を「IPフォンや携帯電話番号で構わない」方針を変更する金融機関が大半です。
固定電話回線の契約名義を金融会社はどんな方法で裏付けをするのかといえば、NTTの104を使用しています。
ここで番号案内されれば、その名義は申込者のものであると確認されます。
顧客が番号を非公開で登録していたとしても、「お客様の申し出により番号案内をしていません」というアナウンスが流れてきますので、その住所にその人の名義で確実に固定電話が確認できると認められるという認識で、消費者金融機関は「確認できた」と判断をします。
もし「そのお名前ではご登録はありません」とアナウンスされた場合は名義があやふやな電話の回線で顧客の名義では無いとキャッシング会社は判断をしますので、評価が相応に下がってしまします。
固定電話と携帯電話のふたつとも契約をしているケースが一番評価が高くなりますが、固定電話を持っていない場合は、名義確認の裏付けを取る方法がありませんのでもっとも低い評点となってしまいます。

低金利で借りれる申込実績の高いカードローンはコチラ

サイトMENU

Copyright (C) 2011. All Rights Reserved.